• 月日  午後5:31
    0 ℃  |   |  降雨:%

  • 100円=3.89レイ
  • 1ユーロ=4.73レイ

ルーマニア・ドナウデルタ

日経ウーマン 2002年6月号

ドナウ河口で自然保護

 日本人にはなじみが薄いかもしれないが、東欧の国ルーマニアは自然保護活動の盛んな国。このプログラムは、首都ブカレストから約300キロ離れたドナウ川の河口にあるデルタ地帯でボランティア活動に参加するというもの。この地帯では、東京都の約2倍の面積に1200種類の植物、300種の野鳥、100種の魚が生息していると言われる。

 活動内容は、自然保護区を管理しているレンジャー(保護官)と一緒にパトロールをしつつ、ゴミを拾ったり、フェンスを直したり、野鳥の保護や巣の設営をしたり…といったお手伝いが中心。

 カタコトの英語とボディランゲージがコミュニケーションの手段だ。宿泊はレンジャーの家かデルタ地帯で生計を立てる漁師の家でのホームステイになる。

©日経ウーマン 権利者に無断で複製及び転載等は禁止。

ご提供サービス

  • 個人, 小団体用のカスタマイズ旅行手配
  • ルーマニア語からの翻訳・通訳
  • ルーマニア語からのテープ起こし
  • ルーマニア語講座
  • ルーマニアとの商売・取引サポート
  • ルーマニア関係イベント開催の支援
  • ルーマニアでの各種調査協力および現地での会議のアレンジ