• 雷雨
    7月20日(金)  午後7:07
    30 ℃  |  雷雨  |  降雨:30%

  • 100円=3.55レイ
  • 1ユーロ=4.65レイ

チャウシェスク銃殺その後 レビュー

1989年11月、ベルリンの壁撤去から東欧諸国に吹き荒れた民主革命。その大波は共産主義の孤塁を守ってきたルーマニアにも及び、遂に独裁者チャウシェスク夫妻の銃殺という結果で終わった。
東欧唯一の流血革命を体験した後、政党の複数制・市場経済への移行と複雑困難な政治、経済の問題をかかえ、ルーマニアはどこへ行くのか。

目次

  • 第1章 エレナ大統領夫人の専横
  • 第2章 国民を苦しめた3つの罪悪―飢え・暗闇・無暖房
  • 第3章 誇大妄想狂チャウシェスク―2世紀は続くドナウ運河の赤字
  • 第4章 野心と虚栄の未完成大宮殿
  • 第5章 国民の血と汗で210億ドル外債完済
  • 第6章 流血革命後のブカレスト新名所
  • 第7章 ルーマニア経済を脅かす―ヤミ・ドルの横行
  • 第8章 「6ヵ月のモラトリアム」実施
  • 第9章 自由化で物価2倍、為替ルーと切下げ
  • 第10章 ルーマニアはどこへ行く

«前のページへ戻る

ご提供サービス

  • 個人, 小団体用のカスタマイズ旅行手配
  • ルーマニア語からの翻訳・通訳
  • ルーマニア語からのテープ起こし
  • ルーマニア語講座
  • ルーマニアとの商売・取引サポート
  • ルーマニア関係イベント開催の支援
  • ルーマニアでの各種調査協力および現地での会議のアレンジ