• 雷雨
    7月20日(金)  午後7:31
    30 ℃  |  雷雨  |  降雨:30%

  • 100円=3.55レイ
  • 1ユーロ=4.65レイ

チェリビダッケとフルトヴェングラー レビュー

いま円熟の期を迎えたチェリビダッケは、終戦直後の混乱期にフルトヴェングラーとともにベルリン・フィルの指揮者として活躍していた。 しかし1954年にフルトヴェングラーが死去、ベルリン・フィルは次の指揮者にカラヤンを選んだ。 なぜ、フルトヴェングラーの後任がチェリビダッケでなくカラヤンだったのか? 2人の間に何が起こり、何があったのか?

目次

  • レオ・ボルヒャルト
  • 政治の汚れを知らぬ処女の如く
  • ブラック・リスト
  • 指揮棒を持たずにベルリンへ
  • 私は奇跡の人ではない
  • 辛抱強く
  • フルトヴェングラーとアメリカ
  • 1947年聖霊降臨祭の日曜日
  • 作曲活動の悩み
  • 関係の解明
  • はたして代理首席を市に留めておけるか?
  • 多難をきわめた第二交響曲の誕生
  • ベルリン封鎖
  • インテンダントは何処に
  • チェリビダッケとノイエ・ムジーク
  • 箝口令
  • フルトヴェングラー再び首席に
  • 最後のチャンス
  • 契約は馬鹿気たこと
  • ドイツ連邦共和国の状況
  • フルトヴェングラーとレコード
  • 奸策
  • フルトヴェングラーの叱責
  • 協奏曲の伴奏指揮について
  • 失われた信頼関係
  • 公演スケジュール分析
  • 離反
  • チェリビダッケからの最後の手紙
  • 訣別
  • フルトヴェングラーの補聴器
  • 出番を待つカラヤン
  • オーケストラの〈解体〉を計るチェリビダッケ
  • 功労十字大勲章
  • フルトヴェングラーから受けた深く大きな衝撃
  • チェリビダッケ自らを語る

«前のページへ戻る

ご提供サービス

  • 個人, 小団体用のカスタマイズ旅行手配
  • ルーマニア語からの翻訳・通訳
  • ルーマニア語からのテープ起こし
  • ルーマニア語講座
  • ルーマニアとの商売・取引サポート
  • ルーマニア関係イベント開催の支援
  • ルーマニアでの各種調査協力および現地での会議のアレンジ