• 快晴
    9月26日(水)  午後6:40
    16 ℃  |  快晴  |  降雨:0%

  • 100円=3.51レイ
  • 1ユーロ=4.66レイ

エリアーデ幻想小説全集〈第1巻〉1936‐1955 レビュー

エリアーデ幻想小説全集〈第1巻〉

生涯にわたって「聖なるものの顕現」を探究し、20世紀文学に偉大な足跡を残したエリアーデ。 その魂の軌跡ともいうべき幻想小説を編年体で網羅した、世界初のオリジナル全集。第1巻は1936~55までの8編を収める。

世界的に有名な宗教学者のエリアーデは、母国語のルーマニア語で小説を書く小説家でもあった。 自伝的な恋愛小説の「マイトレイ」や「妖精たちの夜」は、いわゆるリアリズム作品であるが、エリアーデはその他に幻想小説の名品を数々残している。 この第1巻では、すでに邦訳が出版されている「令嬢クリスティナ」や、「ホーニヒベルガー博士」「セランポーレの夜」のほかに、未訳であった「大物」や「大尉の娘」といった短編小説が収められている。

少々値段ははるが、単行本2冊プラス短編集を買ったと思えば、納得できなくもない。 何といったって、ひと筋縄ではいかないエリアーデの未訳出小説が読めるのはここだけである。沼野充義の解説も詳しくていい。 次に発売予定の第2巻も楽しみだ。

目次

  • 令嬢クリスティナ
  • ホーニヒベルガー博士の秘密
  • セランポーレの夜
  • 大物
  • 弟思い
  • 一万二千頭の牛
  • 大尉の娘
Eliade, Mircea (エリアーデ, ミルチャ)
ルーマニアの世界的な宗教学・宗教史学者。1907年首都ブクレシュティ(ブカレスト)に陸軍将校を父として生まれる。ブクレシュティ大学でナエ・ヨネスクを師に哲学を学ぶ。1927、28年イタリアに留学。29‐31年インドに留学しこの研究生活を通じて宗教学・宗教史学者としての方向が決定づけられる。帰国後33年から母校で哲学を講義、38‐42年パリで宗教学研究誌『ザルモクシス』を刊行。40年ロンドンのルーマニア文化アタッシュに任命される。それ以後国外を活動の場として、46年ソルボンヌ大学宗教学講師、57年からはシカゴ大学神学部宗教史学科主任教授をつとめた。1986年死去

«前のページへ戻る

ご提供サービス

  • 個人, 小団体用のカスタマイズ旅行手配
  • ルーマニア語からの翻訳・通訳
  • ルーマニア語からのテープ起こし
  • ルーマニア語講座
  • ルーマニアとの商売・取引サポート
  • ルーマニア関係イベント開催の支援
  • ルーマニアでの各種調査協力および現地での会議のアレンジ