• 凍雨
    12月15日(土)  午前7:40
    -1 ℃  |  凍雨  |  降雨:90%

  • 100円=3.60レイ
  • 1ユーロ=4.65レイ

旅行人 レビュー

旅行人

ルーマニア―田舎紀行

ルーマニアにはヨーロッパ最後の中世が残っていると誰かがいった。そこはミレーの「落ち穂拾い」そのままの世界たと。

たが、それを聞いたのもすでに10年前だ。EUに加盟して、ルーマニアはどんどん変わっていく。
行くのなら今のうちだよとまた誰かがいう。

まだルーマニアには、ヨーロッパの中世が残っているのだろうか。その風景を求めてルーマニアヘ旅発った。

それが中世の風景といえるのかはわからないが、ルーマニアには変化していない風景が残っていた。それは都市ではなく、田舎に。

マラムレシュ地方の農村地帯やトランシルヴァニアの山間部に、ゆるやかな時間の流れとともに、また確かに変わらない生活の風景があった。

さあ、ルーマニアの田舎へ、のんびりと旅をしてみましようか。

今日の旅はトルコ航空でイスタンブールを経由してブカレストヘ向かう便だった。
ブカレストに着いたのは、翌二六日の朝九時四五分に到着する。
関空~イスタンブールがだいたい一二時間半で、イスタンブールからブカレストの飛行時間は一時間半程度であった。
全部で二三時間の長旅となる。

«前のページへ戻る

ご提供サービス

  • 個人, 小団体用のカスタマイズ旅行手配
  • ルーマニア語からの翻訳・通訳
  • ルーマニア語からのテープ起こし
  • ルーマニア語講座
  • ルーマニアとの商売・取引サポート
  • ルーマニア関係イベント開催の支援
  • ルーマニアでの各種調査協力および現地での会議のアレンジ