• 凍雨
    12月15日(土)  午前7:36
    -1 ℃  |  凍雨  |  降雨:90%

  • 100円=3.60レイ
  • 1ユーロ=4.65レイ

カルニク要塞教会

セベシュ市から13km離れた、アルバ県のカルニク村にあります。
西暦1200年前後に建てられ、カルニク要塞教会に関する最初の記述は、1267年の記録です。
その記録によれば、創立者は「ケリング伯爵」でした。
この教会を上から眺めると、城壁に囲まれた要塞の楕円の形が見えます。 要塞教会内の主な建築物は、人びとが住む4階建ての「スィグフリド塔」と、一つのチャペル、2ケ所の天守閣構成されています。
15~16世紀に、村人を守るために城壁を強化し、堀で取り囲み、次第に要塞教会のカタチになり、16世紀には教会のそばに、神父専用の住居も造られました。
この教会の裏道を少し行くと、サシ人が15世紀に建てた別の教会が視線に入ってきます。
この教会は、人びとが19世紀に「新ゴシック様式」に再建築したので、もとの教会の構造や、壁画などはほとんど残っていません。
要塞の中には現在、美術活動の会議室やホール、情報館などがあります。
チャペルでは、美術関係の国際会議やセミナー、そして中世・バロック・ルネッサンス音楽のコンサートも行われています。
また、中世封建時代の美術館もあります。
このカルクニ要塞教会は、1961~1964年に修復され、その後「建築記念物」に指定されました。

ご提供サービス

  • 個人, 小団体用のカスタマイズ旅行手配
  • ルーマニア語からの翻訳・通訳
  • ルーマニア語からのテープ起こし
  • ルーマニア語講座
  • ルーマニアとの商売・取引サポート
  • ルーマニア関係イベント開催の支援
  • ルーマニアでの各種調査協力および現地での会議のアレンジ